目元のたるみに気づいた女性

化粧品を使用

目元を気にする女性

肌のたるみは、真皮層の中にあるコラーゲンやヒアルロン酸といった成分が失われることによって起こっています。基礎化粧品を購入してたるみを解消しようとするのであれば、コラーゲンとヒアルロン酸が含まれている商品を購入するようにしましょう。コラーゲンとヒアルロン酸が含まれている基礎化粧品にも色々な種類があるので、どの基礎化粧品を購入してたるみを解消するかを考えておきましょう。

スキンケアを行うための基礎化粧品には大きく分けると、化粧水・美容液・クリームの三種類に分けることが出来ます。化粧水はクレンジング後や洗顔後に、有効成分を肌に浸透させるための基礎化粧品です。そして、美容液はそのあとに保湿をしながらより一層肌に成分の効果を与えるために使用する基礎化粧品となっています。クリームは基本的には保湿を行うために使用される事が多い基礎化粧品ですが、最近は保湿以外の成分も沢山含んでいる商品が販売されています。こうした基礎化粧品の中には、目元のたるみを改善するために必要な成分が含有されているものがあります。

目元という顔の箇所はシワが作られやすい箇所となっています。たるみが出来ると目元にはシワも発生しやすくなります。目元のたるみを解消するために基礎化粧品を利用する場合には、保湿成分が含まれているものがいいでしょう。シワは肌の乾燥によっても発生するので、たるみを解消する際に保湿成分も一緒に取り込めば、目元のシワを解消しながらたるみも一緒に改善していくことが可能となります。保湿成分としては、セラミドやレチノールなどの成分がとても効果があるので、そうした成分が含まれているものを利用して目元のたるみを解消しましょう。その他にも目元の肌トラブルに適している化粧品は多く販売されているので、目元に悩みを抱えている場合には有効成分を調べながらどれにするかを決めるようにしましょう。

加齢とともに顔の皮膚は代謝が悪くなったり、ヒアルロン酸の量などが低下して皮膚のたるみを引き起こします。このたるみが目元に起きるとそのたるんだ影が目の下の黒クマとなり顔の印象を暗くしてしまいます。この状態に効果を発揮するのが美容外科の技術です。美容外科ではたるみの改善方法が様々にあり、メスを使わないヒアルロン酸注入や、レーザーの照射、血小板を血液中から取り出しクマに注入するPRP療法等があります。切らないメリットは直後から普段通り生活できることやダウンタイムが少ないことです。一方切る治療に関してはメスを使う分、効果は一生続くことが多く、一度で確実な効果があることがメリットです。目元のたるみは加齢に比例してしまい、注入やメスで直接働きかけない以上短期間では効果が表れにくいため、美容外科で自分に合った方法が高い効果を得られる一番の近道であると言えます。

年齢を重ねるとだんだんと、肌の弾力をつかさどるヒアルロン酸やコラーゲンが減少します。これが顔や目元のたるみ、クマを引き起こします。現在はこのクマとたるみを同時に改善する方法として「ヒアルロン注射」が人気です。ヒアルロン酸はコラーゲンと同時に体内に大切な成分の1つでこの成分が関節を動かしたり、肌の張りを保っています。体内に直接ある成分のため、ヒアルロン酸を注入する方法は安全性も高いことがメリットです。アレルギーの発生率も低いのが特徴です。ヒアルロン注射が人気の理由は費用にもあります。切るのが怖いという人も多いことや切る方法の費用が30万円前後の相場なのに対し、ヒアルロン注射は3万〜5万円程度が相場であり、試しにやってみることもできる価格です。ヒアルロン注射は痛みを伴うことも知られていますが、現在は高い効果の麻酔もあるため安心して受けることができます。まずは「切らない治療」で目元のたるみを改善してみてはいかかでしょうか。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all たるみが出やすい目元をしっかりとケアして若さを保つ reserved