目元のたるみに気づいた女性

筋肉を動かす

目元の整形前

たるみは肌のハリが失われて、皮膚が伸びてしまっている状態によって起こっている肌トラブルです。肌の真皮層にはコラーゲンやヒアルロン酸といった成分があり肌のハリを作っていますが、これらの成分は年を重ねる毎にだんだんと減少していってしまいます。そのため、基礎化粧品でコラーゲンやヒアルロン酸を浸透させる効果があるものを使用したり、美容外科でヒアルロン酸注射を行ったりしますが、それ以外にもたるみを解消するためにできる事があります。それは顔の筋肉を動かすといった方法です。顔の筋肉がなくなることによっても、皮膚が重力に引っ張られてたるんでしまうようになるからです。目元のたるみに関しても、同じように筋肉を鍛えることによって、しっかりとケアしていくことが可能となっています。

目元に筋肉なんてないのではないか、と思われるかもしれませんが、眼球の周りにはしっかりと筋肉が付いていて鍛えることによってたるみを解消していくことが出来ます。目元のたるみを解消するために鍛える筋肉は、眼輪筋と言われる筋肉です。眼輪筋はウインクしたりまばたきをしたりする際に、眼球周りに円を描くように発達している瞼を閉じるための筋肉です。眼輪筋を鍛えるのに適している運動はまばたきです。を天井を見ながらまばたき十回程度行うといった運動を毎日することで、眼輪筋が少しずつ鍛えられて目元のたるみを解消することが出来るようになってきます。美容外科や基礎化粧品を利用しながら、眼輪筋を鍛えるまばたき運動を継続して行えば、さらに目元のたるみを改善していくことが出来るので、生活の中に取り入れましょう。眼輪筋を鍛えて目元のたるみを解消すれば、クマやシワといった別の目元に関する悩みも解消されやすくなります。クマや目元のシワに悩んでいる人もまばたきトレーニングを行って、眼輪筋を鍛えるようにしてみましょう。

世の女性を悩ませ続けるたるみは、老化が原因です。身体のどの部位にも起こりうる現象ですが、特に目元は気になります。「人の目を見て話す」というのは小学校から教わり続けたものですが、目元のたるみを気にしていると、見られていると考えるだけで後ろ向きな気分になりがちです。どうにかしたいと考える女性が数多いため、美容外科は発展し続けています。現在、美容外科ではたるみに関して様々な解決方法を打ち出しています。レーザーで肌の細胞の活性化を手助けするものから、ヒアルロン酸注入まで方法が幅広くなっています。最近の美容外科のトレンドは、切らないことです。切るとどうしても痕が残ってしまう場合がありますが、女性の顔に傷が残ることは極力避けたいです。そのために、切らずにたるみを治療する美容外科が増えています。

しかし、美容外科はなかなか敷居が高いようなイメージを持つ人もいます。一昔前、美容外科が進出し始めた頃はそうでしたが、現在は年齢を問わず美容外科を利用し、またユーザーが増えたため、美容外科側も価格を抑えて売り出すようになりました。この頃の美容外科は敷居が高くありません。むしろ、様々な人に利用されるからこそ、医者の腕も上がります。目元のたるみは、特に多くの人を悩ませるため、施術を受ける人が多いです。美容外科の利用方法としては、多くは電話かインターネットから申込みます。申し込む時に、どの部位が気になるのかを伝えます。多くの美容外科はその後、予約日を決め、その予約の日に受診します。そして医師からお話を聞き、納得がいけば施術を受けることになります。目元のたるみで言えば、レーザーやヒアルロン酸注入が多いです。いずれにしても、医師からどのような方法で行うのかあらかじめお話があるので、しっかりと納得した上で施術を受けましょう。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all たるみが出やすい目元をしっかりとケアして若さを保つ reserved